厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分|洗顔や美白の情報からアンチエイジングもトータル情報の洗顔情報の泉

トップページ » 洗顔情報豆知識 » 厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分

厚生労働省が認める医薬部外品の美白成分

美白成分というのは肌の外側からではなく肌の内側から効く成分のことを言います。
肌の内側でメラニンの生成を抑える効果があるのです。

数ある美白成分の中でも厚生労働省が認める違約部外品としての美白成分が9つほどあります。
効果が高く、また安全性も高いことから敏感肌の方にも推奨できる成分です。

1つ目はアルブチンがあります。
コケモモから採れる成分で、即効性はないもののハイドロキノンと同じような美白効果が期待されています。
シミの生成に関わるチロシナーゼという酵素の分泌を抑える働きがあるのです。

2つ目がエラグ酸です。
イチゴから抽出されるもので、天然フェノール系の抗酸化物質です。
肌の老化を防ぎ、チロシナーゼの働きも抑制します。

3つ目はカモミラETで、カモミールから抽出されます。

4つ目はt-AMCHAで、シクロアミノ酸誘導体の一つです。

5つ目が消炎剤や止血剤としても使用されているトラネキサム酸で、白い粉末が特長となっています。

6つ目はビタミンC誘導体です。
ビタミンCには優れた抗酸化作用やコラーゲン増加作用など美白以外の効果もあり、美白化粧品にはほとんどの割合で配合されています。
しかし大変壊れやすい成分のため、肌に上手く浸透せずに表面で蒸発してしまうなど効果が薄れてしまうのです。
その浸透率を高めたのがビタミンC誘導体ですが、濃度が低くなりがちなので、高濃度の化粧品を選ぶことが大切です。

その他にもプラセンタエキス、リノール酸、ルシノールなどがあるので、美白化粧品を買う時には確認してみるとよいでしょう。
VCOマイルドソープ
☆ 洗顔を変えるだけで、肌は生まれ変わります ☆
HappyTouchナチュラルソープ
☆敏感肌の方にもオススメの天然石鹸☆
100%無添加!韓国で7年連続1位の洗顔石鹸!
ナチュラルエレメンツシリーズ
有名クチコミサイトで1位獲得!
【ナチュラルエレメンツシリーズ】
LINK
時計 通販
時計の通販の事なら当サイトにお任せください。ベーリングやヤコヴィセンなどオシャレでかっこいいブランドの時計をご提供しています。
www.nordicfeeling.jp/